April 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

中山道を行く 11日目 太田宿→伏見宿→御嶽宿(前編)

juillet 29(mercredi) temps -二零一五年七月二十九号(星期三)晴天 -

中山道を行く、てくてく歩く旅を4年ぶりに再開しました。
7月の3連休を利用して歩いた記録です。
まずは太田宿から御嶽宿までを歩いた11日目を前編・後編に分けて
レポートと共に写真をご紹介します。



7月18日(土)天候 雨あめのち曇りくもり 
11日目 太田宿→伏見宿 距離約8km足



3.jpg
前回まで歩いた太田宿から。
一般公開している旧太田脇本陣林家住宅を見学。


1.jpg

2.jpg
こちらは案内人のお嬢さま。(お嬢さま!?^^;)
ありがとうございました。

4.jpg
そして脇本陣のお隣の中山道会館へ。

6.jpg
太田宿の宿場を再現した展示室の
ここ加納屋では記念撮影ができて
こちらで3年間保存されるとのことです。
ぜひ旅の記念にどうぞ。

そして太田宿とはお別れ、次の宿場へ足
太田宿を過ぎると中山道は木曽川河川敷の遊歩道に。




9.jpg
木曽川の河川敷の遊歩道の下にあるため
うっかり見落としそうな古井の一里塚跡は
支柱のみ。


18.jpg
ど、どーもくん!ちょっとどいてくれる?

11.jpg
ここは?


上の写真と
歌川広重の太田の渡し場の風景がモデルとされるこの浮世絵
と比べてどうですか?


渡し場の跡は石畳がしかれて水面へと続いて
渡し場らしい面影を残しています。

12.jpg
中山道は太田橋の下をくぐります。

13.jpg
ここは現在は休止中の日本ラインという木曽川ライン下りの舟乗り場。
乗れなかったのは本当に残念!!

14.jpg
心より再開を願ってます。

太田橋を渡り対岸へ。

21.jpg
対岸の今渡の渡し場跡へと続く中山道。

16.jpg
弘法堂には今も旅人のノドを潤す
錦江水という湧水がありまして、
もちろん飲めます。
私もいただきました。
夏でも冷たくておいしいお水です。

37.jpg
中山道は弘法堂を通り

38.jpg
今渡(いまわたり)の渡し場跡へ。

17.jpg
向こう岸が太田の渡し場跡。
広重の浮世絵のモデルが今渡のこの辺り
という説もあるのですがね。

22.jpg
この日、ランチに立ち寄った「幸せや」さんでは、


舟を象ったお皿にとんかつが舟盛りになって出てきてビックリ!
肉厚で食べ応えがあって、濃厚な辛みソースて美味しくいただきました。

48.jpg24.jpg
塚は残っていませんが中山道の一里(約4km)ごとに
設けられていた一里塚を示す石碑です。
この後、まだまだ出てきます。

26.jpg
中山道沿いの質屋さんですが、


店先にあったこの下着やら洋服やらもリサイクル品!?(笑)


28.jpg
うなりくんがご紹介するこちらは、
かつてこの地に1本の大杉があったことを
示す石碑がある歌川広重が浮世絵を書いたという
浮世絵スポット!
実はこの場所は中山道からかなり離れていてかなり歩いて
やっとたどり着いたのです。ふぅ〜

29.jpg
中山道沿いのコンビニの前で談笑していた青年たち。
ちぇっ!JKはおらんのか・・・ブツブツ(>_<)

33.jpg
苦難の寄り道がありましたが、伏見宿に入りました。

34.jpg31.jpg

42.jpg40.jpg


32.jpg41.jpg

36.jpg
伏見宿本陣跡に着いたところで前編はここまで。

後編はこの日のその後、
御嶽宿まで歩いて撮った写真のご紹介です。
後編に続く。

comments

ドーモ。
懐かしいなあ。
木曽川のライン下りは閉店したんだっけ?
ドーモ。ドーモ。

  • ntake
  • 2015/08/01 10:03 PM

>ntakeさん
いつもごひいきにありがとー。
日本ラインは平成25年から休止中で再開のメドはたってないみたい・・・
今は春と秋の観光シーズンのみの下流域の犬山城周遊遊覧船という形で運行してるみたいです。
ライン下りの体験ができない分、
おかげで先へ早く進むことができた利点もあります。^_−☆

  • てくてく歩くサーファー
  • 2015/08/04 11:40 PM
   
pagetop